三友土質チャンネル

技術者集団!三友土質エンジニアリングのエンジニアによるブログ

12月, 2013

自沈層があれば基礎補強が必要?これからは判定士に聞きましょう。

先日、地盤工学会や建築学会などが行う地盤品質判定士の初めての資格試験合格者384名の発表がありました。この資格は住宅建築において基礎補強が必要かどうかの判定を現状で最も公平に判定してくれる資格であると思われます。スウェーデン式の試験で自沈層があった場合、色々な解釈が出る場合がありました。これは個々の現場の状況により判断が変わることと、スウェーデン式自体が簡易な試験方法であるのでその判定には誤差もありばらつきもあるからなのであります。最終的に精度の高い判定をしようとすれば追加試験が必要になるケースも出てきますが、地盤の知識レベルから言えば地盤品質判定士の判断は信頼性が高いと言えます。こんごはこの資格が業界に普及することにより公平な目で基礎補強の判定ができるようになることを期待しております。