三友土質チャンネル

技術者集団!三友土質エンジニアリングのエンジニアによるブログ

6月 3rd, 2013

あわや離婚の危機!? Sさんのマイホーム探し

マイホーム探しをしていたSさんにはどうしても譲れないマイホームの立地条件の“こだわり”がありました。それはその土地の「地盤」が良い事です(Sは少し変わり者で頑固な人間です)。Sの妻のマイホームのそれは、小学校の学区、日当たり、買い物の利便性などです(Sの妻はとても常識的な人間です)。いくら小学校の学区、日当たり、買い物の利便性などの条件が良くても、その土地の「地盤」が悪い場合は、Sは断固拒否するつもりでした。最悪、離婚も辞さない覚悟でした。はたしてSは離婚してしまったのか?結果はSの妻が理想とするマイホーム候補の土地は、Sが理想とする良い「地盤」でありました。こうしてSは無事、マイホームを建てることができました。この変わり者で頑固者の人間のSのように、地盤の良し悪しをマイホーム探しの最優先の条件にする必要はまったくありませんが、4番目か5番目くらいに「地盤の良し悪し」を入れてみてはいかがでしょうか? またSのようにこだわり過ぎるのも考え物で、液状化するような地盤であっても現在ではきちんと対策すれば良い地盤に変えることが出来ます。こだわりと柔軟性が必要です。 そんなあなたに地盤の事を優しく解説した読み物「JIBAN」をプレゼント実施中!お近くの営業所にお問い合わせください。 ホームページの中の“たった1分で簡単にわかる!「無料宅地診断」”もお試しあれ! あっそうそう、北関東営業所(埼玉県熊谷市)では、技術・営業スタッフ募集中です! P.S 変わり者 Sの言い分  地盤の良し悪しは、単に地盤補強工事費がかかる、かからないというだけではありません。改良された地盤を含み、地盤が良いということは、自然災害(地震、洪水、地滑りなど)に強いということを意味します。建設技術が進歩した昨今でも、自然の力の前では無力に近いです。自然に謙虚に向き合うことが、家族を守ることにつながると思っています。