三友土質チャンネル

技術者集団!三友土質エンジニアリングのエンジニアによるブログ

11月, 2012

「これからの戸建住宅基礎・地盤」技術講習会 at 東京

  総合土木研究所主催の講習会が先日実施され約200名が参加し、盛況のうち終了しました。   東海大学の藤井先生をはじめとして、戸建住宅の液状化調査と対策についての発表があり、今後の住宅地盤技術の方向性が示された講習でした。 我社も参加するWIB工法技術協会はホールでの展示と講演発表が行われました。 講演はE&Dテクノデザイン社長の竹宮岡山大学名誉教授が液状化対策工法としての紹介が行われました。  

県発注の警察署液状化対策(WIB工法)工事がTVで紹介されました!

    発注:岡山県建築課 元請:株式会社伸行建設 設計:YONEYAMA一級建築士事務所 液状化対策設計:E&Dテクノデザイン株式会社   先日工事の様子が山陽放送イブニングニュースで取り上げられました。 施工は当社が行い約1週間の工事でした。   液状化対策のWIB工法とは液状化する深さに対し、土をセメントで柱状に固め、それを壁状に連続して施工し、直径5mほどの格子あるいは六角形を作りその格子を敷地内にいくつも作ることにより地震の揺れを吸収し、液状化を防止する工法です。 これは、E&Dテクノデザインの竹宮社長(岡山大学名誉教授)が開発された工法で減震工法としてのWIB工法は多くの実績があります。 施工風景                                  取材風景