三友土質チャンネル

技術者集団!三友土質エンジニアリングのエンジニアによるブログ

5月 24th, 2012

地盤改良で交通振動は減るのか??

道路や鉄道の近くに建つ家はよく揺れるそうです。 新築工事では柱状改良や鋼管杭をよく施工していますが、以前に比べて振動が減るかどうかを質問されることがあります。   結論から言うと、鋼管杭よりも柱状改良の方が少しは効果がありますが、それほどは期待できないのが事実です。   ただ、岩盤の上の家は揺れにくいのと同じで、地盤を岩盤のようにすれば効果はあります。 したがって柱状改良を通常の3倍以上の本数を打てばやや効果が出てきます。   ただし注意することとして地盤の揺れやすい振動数を把握しておかないと、しっかり固めても変わらないことがあります。 本気でお考えの方はぜひともご相談ください。 安価で確実な固め方を提案させていただきます。   交通振動で良く揺れる家は地盤が良くない証拠ですので、大きな地震が来た場合は、液状化や家屋の倒壊の恐れもあります。     5月21日に東京でE&Dテクノデザイン(株)主催のWIB工法セミナーがありました。 WIB工法は学会でいくつも賞を取った立派な工法です。(もちろん振動対策工法です) 我が社も提携で参加しています。   住宅メーカーでも採用されており、これからはこのような振動対策工法が普及してくると思います。